8周年記念ライブ開催の超特急、メンバーのUSJ「推しキャラ」は?

引用元:スポーツ報知
8周年記念ライブ開催の超特急、メンバーのUSJ「推しキャラ」は?

 メインダンサー&バックボーカルグループ「超特急」が結成8周年の記念日である25日、大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)でファン5000人を集めてライブを行った。約1時間のステージでは、エルモやスヌーピーなどUSJのキャラクターたちとも共演。終演後に行われた囲み取材では、メンバーのキャラクター愛が爆発した。

 キャラクターの「推しキャラ」を聞かれたメンバーたちは「これ難しいな…」と、ひとつに決められないと言わんばかりに悩み始めた。そこでタクヤ(25)が「チャーリーブラウンです。写真撮りたいんですけどね、撮れてないんですよね」と先陣を切って回答。続いてカイ(25)も「クッキーモンスターですね。(自身と同じ)髪の毛も青いし、今日一緒に踊っているときにたまらなくかわいくて、クッキー食べたいです。分けて欲しいです」とステージ上で仲むつまじい様子を見せたクッキーモンスターを指名した。

 ユーキ(24)は「エルモって言いたいところなんですけど、スヌーピーに今日やられました。そう思ったら小さい頃、スヌーピーのぬいぐるみ持ちながら寝てましたし。今日はスヌーピーがずっと腕を組んできて、スキンシップがとてもかわいかったので心を打たれました」と幼い頃のかわいらしいエピソードも交えて答えた。リーダーのリョウガ(25)は3歳の女の子モンスターである「ゾーイ」を推しに指名。「曲中の演出の中で集まろうぜって僕とカイが呼びに行ったときに、ゾーイが『うん、分かった!』って、なぜか僕が手を引いて連れ出されるっていう…。今でも手が温かい感じがするんですよね。レディーにエスコートしてもらったのは、きゅんとしちゃいました」とうれしそうに理由を語った。

 最後にメンバー最年少のタカシ(23)が「エルモが好きですね」と小さい頃からテレビなどでよく見ていたというメインキャラクターを推しに選んだ。メンバー唯一の大阪出身ということもあり、USJにも何度も来たことがあるそうで「セサミとかピーナッツとか、小さい頃からずっとお世話になってきて、ユニバーサルスタジオジャパンにもよく通っていたので、ほんとみんな大好き」と魅力を語った。

 超特急は昨年の結成日にもUSJでライブを行っており、その前後の時間を使ってメンバーはアトラクションにも乗ったという。絶叫系が苦手ながらも「フライングダイナソー」に挑戦したユーキは「仕事だからやろう!と決心してやったものの、朝からすごく心のダメージを負いまして…」と振り返り、再挑戦の可能性については「あの恐怖は今年は勘弁ということで…」とタジタジだった。 報知新聞社