GACKT ライブ中に顔面強打し意識失う…翌日のステージは無事完走

GACKT ライブ中に顔面強打し意識失う…翌日のステージは無事完走

 ミュージシャンのGACKT(46)が1日のライブ中に顔面を強打し、意識を失っていたことが2日、分かった。本人がツイッターに「昨日の名古屋公演、ギターで顔面強打。。。ステージの上で完全に気を失ってしまった。。。」と投稿した。

 関係者によると、公演で後方に転倒した際、持っていたギターが顔面を直撃し、一瞬意識がなくなったという。2日も同所でライブがあり、無事にステージを終えた。

 ただ、歯がぐらつくため、3日に歯科医院で治療を行う予定。